高血圧改善に効果的な運動とは

高血圧改善には運動療法することで降圧効果が確認され、この治療は高血圧には有効な手段です。
この療法では有酸素運動を行います。
ウォーキングやジョギング、自転車や水中運動、スポーツなど、自分が好きなスポーツや生活スタイルに合った運動を毎日することで高血圧改善効果が期待できます。
目標とする時間は30分以上です。
30分以上の有酸素運動を2週間続けたことで降圧効果があったという報告もあります。
この30分以上というのは、30分間続けて行う必要はなく10分以上の時間に別けて行っても効果があります。
大切なのはこの時間と強度です。
低度で30分以上体を動かしてもあまり効果は期待できません。
中度の少しきついといった程度の強度が必要で、心拍数にすると100~120程度です。
高血圧のための運動と聞くと構えてしまう方もいるかもしれませんが、この時間と強度が伴う程度、体を動かせばいいのでそんなに構える必要もありません。
例えば、掃除をする際にも掃除機ではあまり心拍数は上がりませんが、拭き掃除を少し早めのペースで行うと心拍数を伴う運動になります。
部屋を水拭きでも乾拭きでも構いませんので、10分以上するだけで改善効果が期待できます。
また、掃除なら雨の日でも天候を気にせず体を動かすことができます。
その他にも、自転車で買い物に行ったり、ペットとの散歩、子供と一緒に遊ぶなど心拍数を伴い10分以上体を動かせば高血圧の治療をすることができます。
近くのスーパーへいつも車で出掛ける方は、車で行くのを自転車で行くことで治療ができます。
30分以上体を動かすことは大変のように感じますが、普段の生活の中で少し工夫をするだけで改善のために必要な運動をすることができます。

ページトップへ