高血圧性心腎疾患と足のむくみと高血圧改善の必要性

高血圧は血管の内圧が高くなってしまっている状態が維持されてしまう疾患であり、ただ圧力が高まっているだけであることから自覚症状があまり生じないということに特徴があります。そのため、血圧測定を定期的に行っていなければ自分が高血圧であるということに気づかずに過ごしてしまい、別の疾患による症状が現れてきて自分が高血圧であるということを自覚することになるということも珍しくありません。高血圧は多様な疾患のリスクファクターとして知られ、特に高血圧性心腎疾患は命にかかわることもあるということが知られています。しかし、高血圧性心腎疾患となった場合にも初期症状に気づいた時点で高血圧改善を行えば致命的になる前に改善できる場合も多々あります。どんな予兆にも敏感になっておくということが大切なのです。
高血圧性心腎疾患の際に比較的多く見られるのが足のむくみです。足のむくみは老廃物や水分が蓄積してしまっていることにより生じるものであり、様々な心臓や腎臓由来の疾患から生じることがあります。高血圧からは心不全を起こしやすく、心臓の機能の低下によって静脈に血液が溜まりやすくなり、足のむくみが引き起こされます。良い浦鵜、腎臓の濾過機能が低下することによってもむくみが生じます。これは高血圧によって腎臓にある毛細血管で動脈硬化が生じ、それによって腎臓の機能が低下してしまうことになるというのが多いメカニズムです。
高血圧改善によってこういった合併症を防ぐことができます。しかし、一度合併症が生じてしまうと高血圧改善を行ってもその合併症が完全に治るとは限らず、両方の治療を行っていく必要が生じます。そのため、高血圧は早期発見を行うことが重要であり、合併症を伴う前に高血圧改善を達成しなければならないのです。

ページトップへ