高血圧を下げるコツについて

血圧というのは血液が血管の中を通るときに血管にかかる圧力のことをいいます。心臓は血液を送るポンプの役割をしていて、血液を押し出した時は収縮期血圧といい血管に一番強く圧力がかかり、収縮した後に拡張期血圧といい一番低くなることを繰り返しています。
それぞれ収縮期血圧を最高血圧、拡張期血圧を最低血圧といい、それぞれ数値で表されますが、どちらが高くても高血圧といいます。
よく高血圧の原因として、食事の内容の変化や塩分の摂りすぎと言われますが、実ははっきりとした原因はよくわかっていません。ほかにストレスや運動不足など様々な要因がからんでいると言われています。
血圧を測るときなど、ドキドキすると上がることがあります。これはストレスや興奮によって上がることがわかっています。
高血圧を下げるコツとしては、まずイライラしたり興奮しないよう睡眠を十分にとることが大切です。
食事の変化として外食やレトルト品などを多く食べるようになると血圧にも影響があります。高血圧を下げるコツとして、できるだけ野菜を多くとることを心がけて、それと合わせて塩分をコントロールすることがポイントです。
運動不足は心臓や血管を弱めることになり、これも血圧に大きく影響を与えます。激しい運動はより心臓や血管に負担を与えるのであまりよくありません。高血圧を下げるコツは適度な運動を続けることが大切です。その方法として例えば1日30分程度散歩をしたりウォーキングをするといいでしょう。また有酸素運動や軽いジョギングなど行うのもいいです。
また運動をする場合は、水分を多くとるということも頭に置いておくといいです。
このように高血圧を下げるコツは、睡眠をとり規則正しい生活をしてバランスのよい食事を摂り、適度な運動をすることが大切です。

ページトップへ